【TOMOTOMO中国語教室】「皮卡丘」って山の名前!?

最近ポケモンGOを遊んでいるある日本人は
「なんてピカチュウの中国語漢字は『皮卡丘』なの?
皮と丘がついてるなんて可愛くない!」
と愚痴ってたらしいです。

「皮卡丘」は台湾人が子供の頃から
馴染になってきたピカチュウの呼び方だから、
何に文句をつけるのかよくわからないけど、
でも漢字の意味から考えてみれば、まあそう思われても無理もないですね。

だっておそらく日本人から見ると:

皮:かわ
卡:(こんな漢字なんて見たことないし読めない。)
丘:おか

それで「皮卡丘」の三文字を見ると、
どこかの山の名前(しかもきれいな「川」じゃなくて意味不明の「皮」が入ってる山)
だと思わざるを得ないようです。

でも「皮卡丘 pí kǎ qiū」は中国語読みで「ピカチョウ」だから、
(中国語に「チュウ」という発音がない)
漢字の意味じゃなくて、
日本語の発音を合わせるために発音が一番近いのを選んだわけで、
つまり日本語における当て字みたいなものです。
台湾人だって「菜々子」って名前を見たら、
「なんで女の子の名前に野菜を付けたの?(しかもダブル野菜)」
と思っているのと同じ感覚ですかね。
日本語だって当て字がいっぱいありますよね。

中国語には漢字以外の表記文字はないから
(まあなにも訳せずにそのままアルファベットを援用したものを除いて)
外来語を訳す時にまず漢字の発音を考慮する場合は少なくないです。
さて、ちょっとクイズです。
以下の中国語外来語は、どういう意味でしょう?
読めばすぐわかるはずですよ。

巧克力(巧みに力に克つ?)

沙發(沙から出発!)

葡萄牙(葡萄を食べすぎると葡萄の牙が生えるぞ)

香奈兒(いい香りの奈良の子?)

優格(優しい格?)

起司(起きる司?)

可樂(可能なら楽したい)

吐司(もう起きられなくて吐いちゃった!)

--

答え:

巧克力 qiǎo kè lì (一般的にqiǎo “kē” lìと読む) チョコレート

沙發 shā fā ソファ

葡萄牙 pú táo yá ポルトガル

香奈兒 xiāng nài ér シャネル

優格 yōu gé ヨーグルト

起司 qǐ sī チーズ

可樂 kě lè コーラ

吐司 tǔ sī (「土司」とも書く) トースト

Nao

Nao

naosensei.jp@gmail.com

愛鬧日語的Nao老師,熱血的日文老師。座右銘是「今天學,明天用」。野心是打破傳統的日文教學方法,讓學生敢說、敢用、學到最真實的日語